養育費の義務者に婚外子がいた場合などの養育費。どうなる?

今回は、養育費の義務者(一般的に元夫が多いと思われます)に婚外子がいた場合、前妻との間の子の養育費の算定に影響するかどうかを検討したいと思います。

まず、原則から申し上げますと婚外子の存在は養育費の算定に影響を与えるといえます。これは当然前妻にとっては受け取れる養育費が減って良くない影響といえます。ただし、具体的にどれだけ養育費が減るかは、前妻の子どもや婚外子の人数や年齢、元夫婦双方の収入や婚外子側の経済状況などもからみ、単純に計算できるものではないといえます。

次に、別居開始後に義務者が認知した婚外子がいる場合はどうでしょうか。この場合も原則として婚外子の存在は養育費の算定に影響を与えるといえます。ただし、婚外子が不貞によるものである場合、道徳的な観点から婚外子の存在が養育費に影響を与えないと判断される場合もあると考えられます。

次に、義務者が再婚し、その後新たに子どもが生まれた場合はどうなるでしょうか。この場合も新たな子どもの存在は前妻との間の子の養育費の算定に影響を与えると考えられます。

最後に番外編として、義務者が生活保持義務を負わない親族(例えば兄弟姉妹)を扶養している場合はどうでしょうか。この場合は、子どもの養育費の算定にあたって考慮されることは原則としてありません。

離婚や男女問題でお困りの方などがいらっしゃいましたら、是非弊事務所までお気軽にご相談くださいますようおすすめいたします。

離婚コラム

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール