一旦決まった婚姻費用や養育費を変更できるか

一旦父母相互の協議や家事調停、家事審判で決まった婚姻費用・養育費は事後的に変更できるのでしょうか。

答えは、可能です。父母が新たに裁判所外の協議や婚姻費用・養育費変更の調停で合意が成立すればそちらが優先しますし、家事審判で裁判所に変更してもらうことも可能です。

なお、婚姻費用・養育費変更の家事調停で合意が成立しないときは、家事調停不成立となり手続きが当然に審判手続きに移行しますので、家庭裁判所が適切な婚姻費用・養育費を認定することになります。

もちろん、一旦認定された婚姻費用・養育費が何の理由もなく変更されることはありません。では、婚姻費用や養育費の変更が認められる場合とは一体どのような場合でしょうか。

これには、一般的に(1)父母の収入の増減、(2)子どもの就学や病気などで支出が突如増えた場合、(3)父母の結婚などの身分変動などのケースが考えられます。

 もっとも、このような事情が生ずれば必ず婚姻費用・養育費の変更が認められるわけではありません。最初に養育費を決定した時点で予め生じることが予想される程度の事情変更では、婚姻費用・養育費の変更は認められないのが一般的です。

ご自身のケースで婚姻費用・養育費の変更が認められる見込みがあるのか、いくらくらい変更される見込みなのかお知りになりたい方は、お気軽に弊事務所までご相談くださるようおすすめいたします。

離婚コラム

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール