不貞現場を押さえる写真や画像の証拠。どう集めたらいい?

不貞関係の立証で多くの場合最も強い証拠となるのが配偶者の不貞現場を押さえた写真や画像です。それは間違いないことなのですが、一体どのようにしてそれらの証拠を集めたらよいでしょうか?今回はそのコツについて考えてみたいと思います。

1 誰が調査をするか?~調査の主体の問題

もちろんご自身で配偶者を尾行し調査する方法もありますが、尾行や聞き込みのプロの方ではないのが通常でしょうから、配偶者や不貞相手に尾行を感づかれるリスクは大きいといえます。このようにして尾行を感づかれてしまうと、配偶者や不貞相手も以後の行動が慎重になってしまい、その後の証拠集めが大変困難となりかねませんので、正直あまりお勧めはできません。

やはり専門の調査会社(探偵社、興信所)に依頼をするのがベストと考えます。

2 調査会社に依頼する場合の留意点

調査会社にご依頼のご相談をなさる場合は、こちらから必要な情報を十分に提供した上で、調査会社に対して下記をよく確認されるといいでしょう。

料金

後々トラブルのもとになりかねませんので、調査依頼のご契約に含まれる調査対象、場所、内容、人員体制、期間、追加料金の金額や発生条件等を十分によく確認されるとよいでしょう。

調査計画はきちんと提示されているか

きちんとした調査会社であれば、事前にある程度調査計画(スケジュール、人員体制、報告体制等)を立て、クライアントに対して説明と報告を行ってくれます。

こうした事項を丁寧によく確認しながら調査を進めてもらうようにするとよいでしょう。

他の調査ケースでの調査報告書のサンプルを閲覧できるかどうか確認する。

他の調査ケースで出来上がった調査報告書のサンプルを見せてもらうことができるかどうか、一度調査会社に確認してみるとよいでしょう。

もちろん調査会社によっては守秘義務の問題がありサンプルをお見せすることができないとする会社もあるかもしれませんが、それはそれで守秘義務をきちんと守っている調査会社ということができます。

また、調査報告書のサンプルを実際に見ることができる場合は、それでその会社の調査レベルをある程度事前に見極めることができます。

3 調査報告書での留意点

調査会社から上がってきた調査報告書の内容を確認するにあたっては、下記のような点に注意して見て頂ければと思います。

途中に不自然な時間の空白や場所の移動がないか?

調査報告書によっては、調査の時刻が途中空きすぎていたり、いつのまにかに調査場所を移動していたりというあまり質の良くない報告も散見されるように思います。きちんと調査内容が緊密に時系列でつながっているかどうか、よく確認して頂きたいと思います。

服装など微妙な調査対象の変化にきちんと言及されているか?

調査報告書の中には、ホテルの中から出てきた人物の服装が微妙に変化していることが写真でわかるのに、報告書では何らそれに言及されていないといった場合もあります。こうした調査対象の細かい様子の変化にきちんと言及されているかどうか、クライアントの目からもきちんと確認して頂きたいと思います。

なお、弊事務所ではご依頼者様のご要望に応じて適切な調査会社をご紹介することも可能ですので、不貞関係の証拠が十分にないという場合もあきらめずに弊事務所の扉をお気軽に叩いて頂ければと思います。

離婚コラム

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール