不貞関係の立証。一体どんなものが証拠になる?

 不貞関係の立証。不貞行為を原因に配偶者に対して離婚を請求したり、慰謝料請求する際に越えなければならないとても重要なハードルの一つです。では、実際どんなもので不貞関係を立証すればよいのでしょうか?

まずは不貞関係を立証する証拠として思いつくものをいくつか列挙してみましょう。

(1)不貞現場の写真や映像

(2)配偶者のGPS記録

(3)不貞相手とのLINE、メール、通話などの履歴

(4)配偶者のSNSでの書き込み、メッセージのやり取り

(5)ICカードに記録されている交通機関の利用履歴

(6)領収書、レシート、クレジットカードの利用明細等

おおまかにいってこんなものが挙げられると思います。

それではそれぞれについて少し解説を加えたいと思います。

(1)不貞現場の写真や画像

もっとも直接的な証拠となり、証拠としての信用性はピカ一といえるでしょう。

ただし、プロでない当事者の方がこれを撮影しようと配偶者を尾行などすると配偶者に気づかれてしまい、以後の立証が困難になってしまうことがあるため、興信所などの調査事務所の活用を検討されることをおすすめします。弊事務所では、事案の内容や調査場所に応じて適切な調査事務所のご紹介も行っております。

(2)配偶者のGPS記録

これは最近証拠として注目されつつあります。きちんと記録さえ取れればこれも証拠としてかなりの信用性がありますが、配偶者のスマホや携帯に秘かにGPSを設定する手間とリスクがかかります。

(3)不貞相手とのLINE、メール、通話などの履歴

不貞関係を直接に示唆するやりとりがあれば、証拠となるでしょう。間接的な表現にとどまる場合は、他の証拠と合わせて一本という感じになり、まだ安心はできません。

(4)配偶者のSNSでの書き込み、メッセージのやり取り

こちらも不貞関係を直接に示唆するやり取りがなされている場合は比較的少ないので、他の証拠と合わせて一本という感じで考えるのがよいでしょう。

(5)ICカードに記録されている交通機関の利用履歴

こちらも他の証拠と合わせて一本と考えるのが妥当でしょう。

(6)領収書、レシート、クレジットカードの利用明細等

これらの証拠から配偶者によるラブホテルの利用が直接証明できれば極めて有力な証拠となります。もっとも配偶者の方もそのようにわざわざ足の付く証拠を残す場合はあまり多くないので、通常は利用したお店(例えば飲食店)の場所、利用時刻、利用人数、購入品目(たとえば高級アクセサリーなど)、購入数などを丁寧に積み上げて証拠にしていきます。

ご自分のケースで不貞関係を立証するのに証拠が十分かどうか専門家の意見を聞いてみたいという方は、一度弊事務所までご相談されることを是非お勧めいたします。

離婚コラム

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール