養育費の支払い義務者が退職して無収入に。子どもたちに支払う養育費をゼロに変更してもらえるのか?

養育費の支払い義務者が退職し、無収入になってしまった場合、子どもたちに支払う養育費をゼロに変更してもらえるよう支払い義務者は家庭裁判所で請求できるのでしょうか?

答えは、原則としてNO。このように支払い義務者が退職した場合も、養育費算定の基礎となる収入が直ちに退職後の収入(すなわちゼロ)と認定されるわけではありません。支払い義務者が退職した場合、その潜在的稼働能力の有無にしたがって支払い義務者に相応の収入があるものとの認定がなされるのが普通です。この潜在的稼働能力が支払い義務者にどの程度あるのかについては、支払い義務者の過去の学歴やキャリア、健康状態、年齢、退職に至った経緯、再就職の可能性等を判断基準として判断されることになります。

なお、判例では支払い義務者がアルコール依存症に罹患して保佐開始申立手続きを予定しているなどの事情から潜在的な収入をゼロと認定した例、歯科医が退職して収入が減少したが、その年齢、資格、経験などからこれまでと同等の収入を得ることは可能なはずであるとして退職後の減少した収入を基礎収入と認めなかった例などがあります。

ここまで述べたことは、支払い義務者が失業保険を受給している場合も、基本的に同様のことがいえます。原則として、支払い義務者の収入算定の基礎になるのは、失業保険の給付額ではなくその潜在的稼働能力に応じたみなしの収入額の方になるわけです。

ご自分のケースでは一体どうなるのかご疑問を持たれた方は、一度弊事務所までご相談されることを是非お勧めいたします。

離婚コラム

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール