不貞行為の主張はどのようにして争われるか(3)

今回も、夫婦の一方(こちらが原告になります)が夫婦の他方もしくはその不貞相手(こちらが被告になります)を不貞行為で訴えた場合に、訴えられた相手方がどのようにその責任を争う場合があるか、続きを検討してみたいと思います。

五番目に、夫婦の婚姻関係の破綻と不貞行為との間に因果関係がないと主張して責任を否定することが考えられます(因果関係の不存在)。夫婦の婚姻関係の破綻には不貞行為とは全く別の原因があり、不貞行為によって婚姻関係が破壊されたわけではない、という主張です。判例では、夫婦の一方(A)が他の債権者から多額の借金をしていたという状況において、夫婦の他方(X)がAの債権者からの追及を免れるとともに夫婦の最低限の生活費をXの手元に確保するためにAと合意の上協議離婚したが、実は協議離婚成立前にAがYとの不貞行為に及んでいたというケースで、XとAとは協議離婚することで合意していたのだから婚姻関係は既に破綻していたのであり、XとAとの婚姻関係はYとAとの不貞行為で破壊されたわけではない、としてYの責任を否定したものがあります。

六番目に、消滅時効または除斥期間の主張により責任を否定することが考えられます(消滅時効・除斥期間の主張)。おおまかには、消滅時効については不貞行為が相手方に発覚した時から起算して3年、除斥期間については不貞行為が相手方に発覚するかどうかにかかわらず不貞行為の時から20年で成立する(損害賠償請求ができなくなる)と考えて頂ければと思います。

不貞行為含む男女問題でお困りの方などがいらっしゃいましたら、弊事務所までお気軽にご相談くださいますようおすすめいたします。

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール