発注書やラフデザインで他人の著作物を利用し契約相手に送ることは許されるか?

ウェブページやアプリの制作を外部に発注する際、あるいはそれらの制作を請け負った側がラフデザインを製作して提案する際に、雑誌に掲載された写真やインターネット上の画像など他人の著作物をコピーして相手方にメールなどで送付することがあります。こうした行為は著作権法上の問題はないのでしょうか。

この点、たとえ他人の著作物といえど、その作風を真似るだけならば著作権法違反とはなりません。著作権法は具体的な著作物を保護し、アイデアを保護する法律ではないからです。ここがアイデアそのものを保護する特許法との大きな違いになります。

もっとも、具体的な雑誌に掲載された写真やインターネット上の画像など他人の著作物をコピーして相手方にメールなどで送付することは、たとえそれが発注やラフデザインのイメージを伝える目的であるとしても、その他人が持つ複製権を侵害し、著作権侵害とされてしまう危険性が極めて高いところであり、注意が必要です。著作権法は引用による複製を一定の条件のもとで許容していますが、このような著作物の利用が引用に該当すると主張することも難しいでしょう。

こうした事態の発生を事前に防ぐ対策としては、発注書やラフデザインに著作物を直接複製するのではなく、リンクを活用する方法があります。ただし、リンクの方法によっては一体誰の著作物なのかがわからなくなってしまい、著作者人格権の侵害になってしまう可能性があるので、この点も注意が必要です。

ウェブページやアプリの制作でデザインを発注したり請け負われる企業様などは、お取引先などから著作権法違反などと指摘されることのないよう、業務の流れを一度弊事務所によくご相談頂くことをお勧めいたします。

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール