離婚

住宅ローンを支払っている夫。婚姻費用や養育費は減額されないのか?

住宅ローンを支払っている夫。婚姻費用や養育費は減額されないのか? 別居中の夫婦において、妻が子とともに夫が住宅ローンを支払う住居で居住し、夫が別の場所に居宅を借りて生活している場合、夫は算定表通り婚姻費用を支払わなければならないのでしょうか。 また、離婚成…

調停や裁判の期日に相手方(被告)が保有預貯金の内容を開示しない。開示させるためにはどのような方法があるか

調停や裁判の期日に相手方(被告)が保有預貯金の内容を開示しない。開示させるためにはどのような方法があるか 離婚調停・訴訟における預貯金の開示の重要性 離婚調停・訴訟においては、当事者双方の預貯金額は財産分与の帰趨に重要な影響を及ぼすデータであり、離婚調停・…

婚姻費用や養育費の算定における事業所得者の収入の認定。一体どのようにして行うのか?

婚姻費用や養育費の算定における事業所得者の収入の認定。一体どのようにして行うのか? 給与所得者と比べて正確な所得の把握が難しい事業所得者 婚姻費用金額や養育費金額の算定にあたって給与所得者については給与明細や源泉徴収票で比較的容易に収入額を認定することがで…

相手方が自己名義で購入し住宅ローンを支払っている自宅を財産分与で取得したい。その方法とは?

相手方が自己名義で購入し住宅ローンを支払っている自宅を財産分与で取得したい。その方法とは? 不動産の譲渡に伴う住宅ローンの債務者の変更が問題 相手方配偶者が自己名義で購入し住宅ローンを支払っている自宅を財産分与で取得したいというご相談を受けることがあります…

実績事例~離婚調停で相手方配偶者の勤務先から退職金金額の開示を受けてこれを財産分与させることに成功した事例について

実績事例~離婚調停で相手方配偶者の勤務先から退職金金額の開示を受けてこれを財産分与させることに成功した事例について 退職金の財産分与の可否とその範囲 相手方配偶者の退職金の財産分与は認められるでしょうか?また、認められるとした場合、財産分与はどこまでの範囲…

【離婚】父親の代理人として、子を連れて家を出た母親から子の親権の取り返し(取得)に成功した事例

【離婚】父親の代理人として、子を連れて家を出た母親から子の親権の取り返し(取得)に成功した事例 ご相談・ご依頼のきっかけ ご相談者様は、8歳の男の子(長男)の父親(40代)ですが、40代の妻がある日、長男を連れてご相談者様に無断で家出してしまいました。ご相…

数年前幼い娘を連れて自宅を飛び出した妻から夫の代理人として親権を取り返した事例(控訴審)

事例14 数年前幼い娘を連れて自宅を飛び出した妻から夫の代理人として親権を取り返した事例(控訴審) ご相談・ご依頼のきっかけ ご相談者様(夫)とその妻は30代の夫婦ですが、妻が数年前に唯一の子どもである娘さん(当時3~4歳)を連れて自宅を飛び出してしまった…

夫の代理人として数年前幼い娘を連れて自宅を飛び出した妻から親権を取り返した事例(第一審)

事例10 夫の代理人として数年前幼い娘を連れて自宅を飛び出した妻から親権を取り返した事例(第一審) ご相談・ご依頼のきっかけ ご相談者様(夫)とその妻は30代の夫婦ですが、妻が数年前に唯一の子どもである娘さん(当時3、4歳)を連れて自宅を飛び出してしまった…

離婚に応じようとしない夫に離婚と約2000万円の財産分与を認めさせたケース

事例2 離婚に応じようとしない夫に離婚と約2000万円の財産分与を認めさせたケース ご相談・ご依頼のきっかけ 弁護士会の法律相談センターでのご相談がきっかけでした。 事件概要 妻に自由を認めようとしないほか家計も一人で握り浪費する夫に対して妻の代理人として…

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

マラソンと日本酒をこよなく愛する弁護士のマンション管理コラム

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール