相手方からの不貞行為に基づく慰謝料請求訴訟を棄却に追い込み勝訴した事例

ご相談・ご依頼のきっかけ

ご依頼者様の男性(A様)は50代の男性です。A様は相手方男性BからBの妻と不貞行為をしただろうと迫られて電話やショートメールで半ば脅迫的にお金の請求を受けているということで、ご紹介により交渉段階より受任しました。

結果

A様はBの妻との不貞行為の存在は否定されましたので、交渉は成立せず、BがA様に対して不貞行為に基づいて300万円を請求する慰謝料請求訴訟を提起してきました(中国地方の地方裁判所)。弁護士小川が訴訟も受任しました。BはBの妻も証人として出廷させるなどしましたが、結局請求棄却の当方完全勝訴にて決着しました。Bは控訴せず、A様の勝訴判決が確定しました。

解決のポイント

相手方から提出された不貞行為に関する客観的証拠が極めて手薄であることを丁寧に主張立証し、裁判所に当方の主張を認めてもらうことができました。

受任から解決までの期間

交渉開始から約1年5か月間

訴訟提起から約1年1か月間

 

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール