コラム

離婚交渉中に相手方配偶者に不貞相手との子の存在が発覚。こちらの養育費はどうなる?

離婚交渉中に相手方配偶者に不貞相手との子の存在が発覚。こちらの養育費はどうなる? 離婚の交渉中、あるいは調停中などに、相手方配偶者に婚外子(例えば不貞相手との間の子)の存在が発覚することがあります。この場合、こちらが引き取って育てる子の養育費の金額は一体ど…

離婚調停や離婚訴訟での証拠の位置付けとは

離婚調停や離婚訴訟での証拠の位置付けとは 離婚調停や離婚訴訟では、当事者の主張も肝心の客観的証拠を伴わなければ説得力に欠けてしまって裁判所は心証を形成できず、当事者の主張が認められることが少なくありません。 そこで今回は離婚調停や離婚訴訟における証拠の位置…

別居開始後算定表を上回る金額の婚姻費用を支払ってきた場合、離婚時の財産分与の際に分与対象財産から控除してもらえるか?

別居開始後算定表を上回る金額の婚姻費用を支払ってきた場合、離婚時の財産分与の際に分与対象財産から控除してもらえるか? 収入で上回る配偶者が別居開始後、別居中の相手方配偶者に対して標準算定方式に基づく婚姻費用算定表の相場金額を上回る金額を婚姻費用として毎月支…

離婚時の財産分与で不動産を分与する場合の留意点

離婚時の財産分与で不動産を分与する場合の留意点 以下では、夫婦の離婚時における不動産の財産分与について見てみたいと思います。 不動産評価の方法 夫婦の離婚時における財産分与で不動産を分与する際には、まず不動産の査定手続きが必要になります(なお、夫婦がそれぞ…

子の引渡しの強制執行に関する民事執行法の改正について(2回/全2回)

子の引渡しの強制執行に関する民事執行法の改正について(2回/全2回) 令和元年の民事執行法の改正(以下「本改正」と表記しております)に伴い、子の引渡し(解散実施行為)に関する各種の規定も改正されました。ここではその重要なポイントについて前回に引き続き解説さ…

子の引渡しの強制執行に関する民事執行法の改正について(1回/全2回)

子の引渡しの強制執行に関する民事執行法の改正について(1回/全2回) 令和元年の民事執行法の改正(以下「本改正」と表記しております)に伴い、子の引渡し(解散実施行為)に関する各種の規定も改正されました。ここではその重要なポイントについて解説させて頂きたいと…

遺言書保管制度について④

遺言書保管制度について④ 今回は、遺言書保管制度を利用した場合の相続発生後の具体的な流れを見て行きたいと思います。 検認手続きは不要 一般の自筆証書遺言であれば、民法上相続発生後に遺言書の検認の請求を家庭裁判所に対して行うことが求められています。 この検認…

遺言書保管制度について③

遺言書保管制度について③ 今回も、前回に引き続き遺言書保管制度の具体的な利用方法について見ていきたいと思います。 保管してもらえる遺言書に何か様式(フォーム)などはあるのでしょうか? 本来自筆証書遺言には、民法に定められた署名捺印などに代表される作成方式を…

言書保管制度について②

遺言書保管制度について② 前回は遺言書保管法が創設された趣旨について見てまいりましたが、今回からは、遺言書保管制度の具体的な利用方法について見ていきたいと思います。 遺言書保管の申請はどの法務局で受け付けてもらえますか? 遺言書の保管は全国に312カ所ある…

遺言書保管制度について

遺言書保管制度について 遺言書保管法は、このほど自筆証書遺言の遺言書保管所での保管を可能としました。 この遺言書保管所とは、全国の法務局のうち、法務大臣の指定する法務局が遺言書の保管に関する事務をつかさどることとされたものであり、法務局、地方法務局、支局、…

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

マラソンと日本酒をこよなく愛する弁護士のマンション管理コラム

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール