事例3 夫に過去の養育費300万円の支払いを認めさせたケース

ご相談・ご依頼のきっかけ

法律事務所のホームページをご覧になりご相談にいらしたのがきっかけでした。

事件概要

ご依頼者様は過去に元夫との離婚調停で毎月の養育費の支払いを合意し離婚調停が成立していましたが、その後元夫の約束した養育費はほとんど支払われず、未払いの養育費が400万円を超えていました。当事務所が妻の代理人として受任し、養育費支払いの家事調停を申し立てました。

結果

養育費請求調停において合計300万円を毎月5万円ずつ分割払いすることを内容とする和解を成立させました。

解決のポイント

夫は、ご依頼者様とその子どもたちがこれまで特に問題もなく生活を送り学校にも通ってこられたこと、子どもたちが当初の予想より早く自立していること、既に新しい妻と再婚しており義理の父親の介護費用なども多額に負担していること、などを理由に減額を求めてきました。
ご依頼者様がこれまで家計を厳しくやりくりしてこられたことを客観的データを示して説明するとともに、子どもが早期に自立せざるをえなかったのも元夫の養育費の支払いが滞っていたことに原因があること、元夫側の事情を過度に重視すべきでないことを調停委員に向けて説得し、ご依頼者様にも納得していただける形で和解を成立させることができました。

受任から事件解決までの期間

約3年間

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール