事例4 建物明渡請求と滞納賃料請求の訴訟を行い、明渡と滞納賃料の回収に成功したケース

ご相談・ご依頼のきっかけ

ご依頼者様はアパートのオーナー様で、顧問先不動産会社様のご紹介がきっかけでした。

事件概要

ご相談の時点で既に5か月分の賃料滞納。すぐに当事務所の方で受任し、賃貸借契約解除の目安とされる6か月間の経過を見計らって賃貸借契約の解除と明渡し、未払賃料の支払いを求めて、内容証明郵便を賃借人に発送しましたが、この時点では賃借人よりの反応は帰ってこず連絡も取れないため、ただちに建物明渡請求及び未払い賃料請求を内容とする訴訟を提起しました。

結果

訴訟段階で賃借人に任意の明渡を行わせ、未払賃料は連帯保証人に請求して全額回収することができました。

解決のポイント

訴訟提起後ようやく賃借人が裁判所に出頭してきて交渉ができるようになったため、賃借人が賃料を滞納している理由の早期把握に努めるとともに、賃借人と直接面会したり、ご依頼者様のご協力を得て引越費用を含む提示を賃借人に行うなど、任意の立退きに向けた交渉を精力的に行い、なんとか任意に立ち退いてもらうことに成功しました。任意の立退きに向けた訴訟外の交渉が功を奏しました。一方、賃借人から滞納賃料を回収できる見込みは低いと判断せざるをえず、訴訟の方は賃借人の完全な立退きを見計らって取り下げとしました。滞納賃料の方は連帯保証人に請求し、無事全額回収することができました。

受任から事件解決までの期間

約8か月間

無料相談受付中です。お気軽にお申し込みください

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

初回30分無料相談・空きがあれば当日相談いたします・ご予約で時間外・土日祝日も相談対応いたします

無料相談受付中

お気軽にご相談ください。

044-589-8810(相談対応時間 平日・土日祝日 9:30~22:00)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)。

メールでのご依頼・ご相談24時間受付

営業時間 平日 9:30~18:00

専門家ネットワーク

  • 弁護士
  • 税理士
  • 司法書士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • その他の専門家
交通アクセス
主なお客様対応エリア:川崎市全域、横浜市全域、大田区、品川区、世田谷区
弁護士プロフィール